しんざんの、みんな仲良し映画評!!

ほんとうは仲良しとは程遠い、あまのじゃくな映画評、映画批評、映画評論ブログ 全部ネタバレ。またあまのじゃくゆえ、人によってはまったく受け付けないものもあるよ。もちろん、こっそりオススメもあるよ。

しんざん的に、ちょっとアレな感じ

「ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章」ネタバレ 「荒木」と「三池」の「奇妙」な「冒険」はそこにあるのか?いち映画ファンのおっさんは本作をこう見た!!

「ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章」
劇場公開日 2017年8月4日


2017081301



荒木飛呂彦氏の原作である漫画「ジョジョ」を日本の商業映画において、もっとも自由に撮れる三池崇史が撮る、という。以前、「無限の住人」のレビューでも書いたが、三池崇史にとって、漫画原作こそ真骨頂、と思っている俺からすると、「『観れる』映画以上、名作以下」ぐらいのモノになる、とは思っていた。


↓ ↓ ↓ 関連記事はこちら ↓ ↓ ↓

「無限の住人」 ネタバレ キムタクはキムタク?キムタクで何が悪い!キムタク自身にはまるで興味がなかったおっさんは本作をこう見た!

「テラフォーマーズ」ネタバレ 原作のダメさを笑いと人脈で乗り越える邦画最高峰のSF映画



本来なら、この組合わせは、何らかの化学反応がおこるものだ。あのつまらない原作「テラフォーマーズ」をあそこまで面白く観れる映画に仕立て上げてしまうのが三池だ。

唯一の不安は「原作ファン」の存在。

映画「ジョジョ」への期待、あるいは評価、とはどうも「世界観の『再現』」らしい。そしてこのファンの数は「テラフォーマーズ」「無限の住人」の比ではない。

映画は誰に向けてに作られるのか?本来はお客さんのためだが、作り手自身のため、というのもあろう。

だが、「お金を出した人のため」という側面も当然ある。


【中古】アニメBlu-ray Disc ジョジョの奇妙な冒険 スターダストクルセイダース 初回生産限定版 全6巻セット

価格:21,600円
(2017/8/13 09:28時点)




これはマズイ。

そこに「荒木」の「三池」の「黄金の心」は宿るのか?



















「ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章」













ここから先は、原作ファンも、そして三池ファンも読まないほうがイイです。いち映画ファンとしての戯言だと思ってほしい。






【限定】ジョジョの奇妙な冒険 総集編Blu-rayセット(描き下ろし収納BOX、オーディオコメンタリー付き) 新品

価格:107,460円
(2017/8/13 09:30時点)









ビデオパス




荒木飛呂彦氏も三池監督もこれまでの作品群で、ファンの顔色を窺ったり、人気取りの行動を行ったことがない、とは決して言わない。

だが、本作は作り手が「模写」や「雰囲気」に力を注力し、ファンの顔色をうかがうような作品に「しようとしている」結果になった。荒木氏と三池氏の組み合わせでこの結果は最悪だ。

だが、この作品を見て「まあまあ」という評価を下す「原作ファン」も「映画ファン」もどうかと思う。




今のところ、好評な部分について、すべて逆の意見を言おうと思う。できるだけ原作との比較でなく、映画単体で話そう。




1)俳優とキャラクターについて

神木隆之介の高校生はもう無理。伊勢谷友介細すぎ。

まあ、「コスプレ」と「スタンドの力」という意味ではこの辺はどうでもよいかもしれない。ただし山田孝之の「アンジェロ」がひどい。もっと変態の役でこそ、「アンジェロ」であり、「山田孝之」では。



2)舞台について


オレからすると杜王町は純日本の風景を持つ街だと思っている。だからこそのヤンキーの街であり、日常の中に恐怖が潜み、その日常の生活を守るために、少年たちが悪と戦う。という話だ。

日本ではないどこか、である必要は全くないし、むしろ逆だ。


第一わざわざ海外ロケに行ったところ、大して背景役に立ってない。どうにも「予算確保」にしか見えない。



3)ストーリー

本作、「最初の掴み」が悪すぎる。そして「一見さんお断り」というか、「一見さん来たらラッキー!でも不親切でごめんなさいね」という半分詐欺まがいなつくり。

だが、そもそも原作も本作のあたりは、設定がかなりいい加減だし、盛り上がらない。ラストが変わっててどうのこうの、言うより、全編、ひねりが何もないので、こちらは登場人物の初登場場面でニヤニヤするだけ。

ファンが「ただ後追いするのみ」のストーリーで、最悪。



4)映像と音楽

CGのアラをごまかすためか、全編画面が暗い。この暗さは原作第4部のカラーではない。まあ、それを置いておいても、ヤンキー映画の名手であろう三池がヤンキーのでる映画でここまで映像面でビビっているのは観たことない。

漫画らしい決め画もないし、映画ならでは、な構図もない。

「ジョジョ立ち」しろ、とは言わないが、ヤンキーとジョジョ立ちって意外に相性あうと思うので、三池らしい「おふざけ」が一切なくなったのは本当に悲しい。

音楽はただただ気持ち悪いだけ。



5)スタンド

CGであることははじめからわかるのだから、もっと「カラフル」に「ファンキー」であるべきだ。

多少違和感があっても、というより、「違和感」が本来この作品を楽しむ大きな要因ではなかったのか。

バッドカンパニーのビジュアルを絶賛している人が多いが、あんなの「CG技術」であって、作家性ゼロ。

「いいモノ」をつくる、という視点がここでもブレブレ。










6)最後に

「黄金の心」を持った、「荒木」と「三池」の「奇妙」な「冒険」が見れないようでは、いち映画ファンとしては、本作全く見るべきものがないし、続編は全く見る気が無くなった、というのが結論。





 

ランキング参加してます。面白かったら押してくださいね!





ランキング参加しています。面白かったら押してくださいね!


このエントリーをはてなブックマークに追加

↑ ↑ 面白かったら、押してくださいね!




↑ ↑ 映画バカの私が、よく聞くリスニング集です。

「ゴースト・イン・ザ・シェル」ネタバレ 続いて日本カルチャーオマージュに溢れた、中国資本のハリウッド映画の本作をおっさんはこう見た!!

「ゴースト・イン・ザ・シェル」
劇場公開日 2017年4月7日

2017041504


時流とは少し遅れて世に出てはいるものではあるが、中国資本のハリウッド映画が続く。個人的にそれ自体に違和感はない。

しかし「キングコング 髑髏島の巨神」のような、日本カルチャーオマージュに溢れた、中国資本のハリウッド映画ということになると、「え?何?誰?」みたいな。


そのデキはワールドワイドな共作、と言えば聞こえがいいが、量産体制の製作委員会という結果に終わっている。


「マーヴェル」や「ディズニー」のように、映画自体がコケても回収手段があるならともかく、日本のマンガ、アニメを原作として、マニアな作家がオマージュたっぷりに、巨額の製作費を投じていることには正直、戸惑いしかない。

結果が悪すぎれば、「その原作が好きで」、がスタートだったのに、結果的に、「この原作のせいで」、ということにもなりかねない。


GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊【Blu-ray】 [ 田中敦子 ]

価格:3,888円
(2017/4/16 13:15時点)



攻殻機動隊 新劇場版 【特装限定版】 【Blu-ray】 [ 坂本真綾 ]

価格:9,525円
(2017/4/16 13:16時点)



GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊2.0【Blu-ray】 [ 士郎正宗 ]

価格:7,581円
(2017/4/16 13:18時点)






まあ、オレは原作は知らないし、もっと言うと、マンガやアニメに日本人としての誇りはもっていないんだけどな。













「ゴースト・イン・ザ・シェル」
























良くも悪くも、「キングコング 髑髏島の巨神」とまったく同じような見解になるが、あちらが怪獣映画に対するオマージュたっぷりなら、こちらも同様にいたるところに原作への思いを感じる。



↓ ↓ ↓ 関連記事はこちら ↓ ↓ ↓ ↓
「キングコング 髑髏島の巨神」レビュー 
怪獣映画にとうに興味を失ってたおっさんは本作をこう見た。」





だが、本作、あちらより苦言が多くなるのは、やはりというか、「それ」以上のことをやろうとしていないからだ。







「既視感」





ビデオパス


>



よく言われるように、映像は「ブレードランナー」。登場人物はちょっと弱い「ブラックウィドウ」。内容は「ロボコップ」という自分探し。


【中古】洋画Blu-ray Disc ブレードランナー ファイナルカット

価格:1,840円
(2017/4/16 13:05時点)




シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ MovieNEX [ クリス・エヴァンス ]

価格:3,888円
(2017/4/16 13:11時点)




ロボコップ ディレクターズ・カット【Blu-ray】 [ ピーター・ウェラー ]

価格:1,000円
(2017/4/16 13:13時点)









「オマージュを良し」として、それを超えようとしない。






それは監督の作家性か、製作委員会の弊害かはともかく、オマージュだけで作品を語るだけではおしまいである。監督は原作のファンだということだから、まあ、そういうことだろう。

スカ姉さん起用の事情の反転か、やたら背景に力とお金をかけ、「見た目の世界観」だけはしっかり構築している。

個人的には、スカ姉さんが、その「姿」をある意味惜しげもなくさらす姿勢には素晴らしいと感じるが、そもそも「攻殻機動隊ファン」には、そのスカ姉さんの「むっちりな姿」は必要としていないわけで。

2017041502


単なるいち映画ファンとしては、スカ姉さんでまったく問題ないわけよ。
2017041501




Hdge technical statue No.6 攻殻機動隊S.A.C. 草薙素子 完成品フィギュア(再販)[ユニオンクリエイティブ]《07月予約》

価格:9,800円
(2017/4/16 13:31時点)




あ、でもこれはむっちりしてるな
2017041505




↓ ↓ ↓ 関連記事はこちら↓ ↓ ↓
「アンダー・ザ・スキン 種の捕食」レビュー
「 人間って。。。_| ̄|○(はあ、ため息)」



アンダー・ザ・スキン 種の捕食 [ スカーレット・ヨハンソン ]

価格:3,790円
(2017/4/16 13:45時点)




そういう意味でも「製作委員会」的な「本来の思いとはちがった真逆の決定」が、そもそも「映画化不可能」な作品であった、という結論になるわけだ。





追記












桃井かおり


2017041506


ハスキーボイスとタマゴ肌と独自の世界観を持った役者、という共通点がぴったりはまって、両者が面と向き合ったときは、まさにシンメトリーな絵で、ああ、ここだけはオリジナルを超えようとしてるな、少しだけうれしかったりした。



2017041503








 

ランキング参加してます。面白かったら押してくださいね!





ランキング参加しています。面白かったら押してくださいね!


このエントリーをはてなブックマークに追加

↑ ↑ 面白かったら、押してくださいね!




↑ ↑ 映画バカの私が、よく聞くリスニング集です。

「ネオン・デーモン」 ネタバレ ファッション業界への皮肉??ノンノン、美を追ってこそオンナ、悪魔であってこそオンナ!!

「ネオン・デーモン」
劇場公開日 2017年1月13日



フランスの、とあるショコラな感じのポスターですね
2017012901

2017012902










年を取れば衰える。おなかは出る。目は細くなる。肌は艶を失う。



だがこんなおっさんも、若いころは美に執着する。




それでいいじゃないか。外見を磨くことで、中身が磨かれることもある。美を追い求めることで、チャンスを得ることも多分にある。


もちろん、それぞれ価値観はあるが、それぞれの価値観において、「美」に執着しない女に魅力は感じないし、「美」を求めない男には関わりたくない。

2017012905















「ネオン・デーモン」













ニコラス・ウィンディング・レフン。

2017012906



2017012903


「ドライヴ」で注目された彼だが、個人的には「ブロンソン」や「オンリー・ゴッド」に俄然肩入れする監督で、現在、監督で映画を観るなら、という視点では名前が挙がる。(ほかはビルヌーブ、シアンフランスといったところか)



ニコラス・ウィンディング・レフンといえば、

ドライヴ(Blu-ray)

価格:4,059円
(2017/1/21 12:09時点)




よりも断然こちらが好み!!

オンリー・ゴッド スペシャル・コレクターズ・エディション [ ライアン・ゴズリング ]

価格:3,868円
(2017/1/21 12:14時点)






↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 関連記事はこちら↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 
「オンリーゴッド」 パイプカット



と、こいつ!!

ブロンソン [ トム・ハーディ ]

価格:3,693円
(2017/1/21 12:15時点)






レフンの映画は主人公、登場人物にはそれぞれ「美学」がある。

2017012907









ブックオフオンライン【PC・携帯共通】




レフンの作品は音楽や映像ではなく、むしろ登場人物の力に依存する。












本作の主人公、エル・ファニングは確かに美しい。だが最初のシーン以降、はっとするような映像はないし、会話のシーンになると、退屈なストーリーが露わになる。


2017012904



確かに、映像、音楽ともに映画館で「体験」すべきものだが、それ以外のものは、はっきり言って演出力に問題がある。登場人物の配置もキャラ付けも定番すぎ。





やっていることも、日本のチープな、そうだな、園子温のようなもので、タイトルの「NMR」も園子温的なナルシシズムを感じる。

チープで、ナルシシズムたっぷり、という点では「ネオン・デーモン」というタイトルは確かにピッタリではある。だが、70年代、「ネオン」、「デーモン」、「サイケ」、「シンセ」はもろイタリアン・ホラーのテイストで、当時のプログレではさんざん扱われたものだ。




ビデオパス





ラストの荒廃した風景に一人の女。



軽薄な美への追及を、否定する物ではなく、むしろ、それに果敢に立ち向かう、刹那な生き方をする女性の描き方に、ナルシシズムを感じるとともに、賛同したくなる気持ちは個人的に大いにある。




だが、あまりにも面白くない。







追記

最近の映画音楽で出ずっぱりなSIA。食傷気味ではあるが、そんな「女の闘い」にはやはり、SIAはよく似合う。










 

ランキング参加してます。面白かったら押してくださいね!





ランキング参加しています。面白かったら押してくださいね!


このエントリーをはてなブックマークに追加

↑ ↑ 面白かったら、押してくださいね!




↑ ↑ 映画バカの私が、よく聞くリスニング集です。


「SCOOP!」 ネタバレ どんだけ「仲良し」なのか。

「SCOOP!」
劇場公開日 2016年10月1日

2016101517







!!すいません、超絶酷評してます。 好きな人は観ないでください!!















どこぞのラジオ映画批評が本作の、リメイク元の作品を語るに終始して、どんだけひどい映画を「語らずして語っている」。

福山雅治氏がもうこういう役がやりたい、というのと、製作委員会の「無難な」策と大根監督のちょっと「ツウ」な部分がうまく絡み合ったかと言うと、全くそんなことはない。


結局は「アイドル映画」にしたかったのね、というのが鑑賞前から透けて見えており、客足もやっぱりの「今更な中年アイドル」映画に対して、「閑古鳥」。



「シン・ゴジラ」「君の名は。」とそれぞれピン・ポイントに狙ったコアな作品が意外に万人の関心を得ることとなった一方、この「万人のもとアイドル」が出た映画は、今年の邦画界のいいムードを引き下げちゃったなあと思ってしまうほど、悲しいデキ。



いや、ひょっとしてワザとなのか?




SCOOP!








タイトルが妙にダサくみえるのは気のせいか。

本作ダメなところはたくさんあるが、何といっても話がつまらない。

そして、主人公のキャラクターがめんどくさい。というか、福山雅治氏がどうもめんどくさいのか、というべきか。



そもそも汚れ役、というのは昔からカッコイイ役である。

それをまあ、実にかっこうよく撮ってしまうのだから、もう濃くて濃くて。さらにシモいセリフとあの調子でしゃべるものだから、まあ、ちょっとめんどい。

映画は、リリー・フランキーと楽しい絡みを見せたかっただけにしか思えないし、特にラストの展開は、リリー氏に「発射されて果てる」なんざ、どんだけ「仲良し」なのか。

二階堂との「どんだけくさい」ラブシーンや、吉田羊と主人公の関係なんかより、遥かにこっちが福山氏の顔じゃね?と思えるほど。

これは明らかに狙っている。




設定も、ベテランと新人とのバディ・ムービーとしても魅力がないし、序盤のカーチェイスも中盤の珍騒動も恥ずかしくて見てられない。




追記

福山雅治氏が、ちょび髭はやした、ホモの詐欺師みたいな役をやってくれたら、ぜひ観に行くよ。


 ←ランキング参加してます。面白かったら押してください


ランキング参加しています オモシロかったら押してください 映画評論・レビュー ブログランキングへ

このエントリーをはてなブックマークに追加
↑ ↑ 面白かったら、押してください。

↑ ↑ 映画バカの私が、よく聞くリスニング集です。




「ジェイソン・ボーン」ネタバレ 9年経っても内輪もめ、とはどういうことよ

「ジェイソン・ボーン」
劇場公開日 2016年10月7日

2016101301




おっさんのオレにとって、アクション映画はただただ敵をぶち殺す映画であれば、何も問題なく、それプラス主人公がちょっとだけ陰のある存在であれば、十分感情移入できるのである。

そんなオレにとって、アクション映画の永遠のヒーローはジョン・ランボーであり、最高のアクション映画はランボー・シリーズである。

ランボー【Blu-ray】 [ リチャード・クレンナ ]

価格:1,500円
(2016/10/14 01:17時点)



ランボー 怒りの脱出【Blu-ray】 [ リチャード・クレンナ ]

価格:1,500円
(2016/10/14 01:18時点)



ランボー3 怒りのアフガン【Blu-ray】 [ リチャード・クレンナ ]

価格:1,500円
(2016/10/14 01:19時点)


ランボー 最後の戦場【Blu-ray】 [ ジュリー・ベンツ ]

価格:2,653円
(2016/10/14 01:19時点)


そんなオレがアクション映画の歴史を塗り替えたと言われる「くそめんどくさい手ブレアクション」の元祖であるボーン・シリーズのことなど、どうでもいいのだが、9年ぶりに復活、という。

しかし、今更CIAを悪者にするほど、時代遅れなことはしないだろうな、と思いつつも、どうも「やっぱりそうらしい」。




ボーン アイデンティティー 【ブルーレイ/Blu-ray】【RCP】 【05P01Oct16】

価格:1,534円
(2016/10/14 01:32時点)



ボーン・スプレマシー【Blu-ray】 [ マット・デイモン ]

価格:1,500円
(2016/10/14 01:33時点)


[Blu-ray] ボーン・アルティメイタム

価格:1,405円
(2016/10/14 01:34時点)







「ジェイソン・ボーン」








まずこのタイトルからして、「ランボー最後の戦場」の原題「JOHN RAMBO」、「ロッキー・ザ・ファイナル」の「Rocky Balboa」を想起させる。

「ランボー怒りのアフガン」オマージュではないかというようなオープニング。そろそろアクション映画は80年代、90年代に限る、とようやく業界が認めたかのようなオープニングに、本来うれしくなるはずだが、どうもカッコ悪い、というか釈然としない。



そもそもボーンはなぜそんなことをやっている?

2016101302

「ランボー怒りのアフガン」より。
2016101305



本作、終始、登場人物が「なぜそうする?」というような疑問が付きまとい、アクション映画に必要な「爽快感」は全くなく、内輪でうじうじうじうじと乳繰り合う展開。



おいおい、9年経ってもそれか。





とにかく登場人物がすべておかしい。一番おかしいのはボーンだが、アリシア・ビカンダーも、トミー・リー・ジョーンズも、ヴァンサン・カッセルも全く何をやっているのか。

自分で墓穴を掘って、自ら墓穴に顔を突っ込む。

役どころとしても、アリシア・ビカンダーは全く魅力なし。説得力なし。

2016101303

まったく捻りもなにもないトミー・リー。
2016101304



話の展開はもっとひどい。

前半のアテネのシーンなんざ、丸々要らないシーンだし、さらに中盤の追跡劇も結局何だったの?というまるで意味のないもの。

最もひどいのは、ラストのカーチェイスで、警官殺しまくりのカッセルと、無駄にカーチェイスを繰り広げるデイモン。

この映画の中で、ストーリーや展開、サスペンス、何一つとして、映画的に緊張感を引っ張るものがない。




追記

そろそろアクション映画も、容赦なく敵をぶち殺すものに回帰してほしいものである。

 ←ランキング参加してます。面白かったら押してください


ランキング参加しています オモシロかったら押してください 映画評論・レビュー ブログランキングへ

このエントリーをはてなブックマークに追加
↑ ↑ 面白かったら、押してください。

↑ ↑ 映画バカの私が、よく聞くリスニング集です。




楽天市場
楽天DVD BD
livedoor プロフィール
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
オーダーシャツが結局お得
自分磨きに
頭皮もしっかりケア